忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/08/25 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
エッフェル!!

フランス旅行二日目の記録です。

ただひたすらに歩きまわった一日。でも街歩き楽しかったなぁ~…!!!!!

憧れだったフランスに来ていることが一日目は実感できなくて、二日目に外に出て、街並みを見て『あぁ、私本当に来たんだ…!!』と思いながら歩いていたのを思い出します。
もう、本当楽しくて一人で歩いているのにニヤケそうになって、それを必死に押さえようとしてた!!(笑

観光客(特に日本人)はカモられやすいので、現地の人たちと同じように歩き、同じように歩行者信号を無視し(笑)、常にカメラを出していたい気持ちも抑えて頑張りました…!!

※注:一眼レフなんかを首から下げていると、現地の人に『(引きずられてでも持っていかれるから)しまいなさい』と注意を受けている日本人旅行者がたくさんいたので…。皆さんも行く際は気をつけて…!!

長くなるので追記にしまっておきます&二日目を2つにわけますね(^^
ご興味ある方はどうぞ★

【二日目】 フランス街歩き~美しきパリ!美しき人々!!そしてスト!!!(笑)~


※旅行記中、英語でやりとりしている場面はありますが、完全に意訳&私の英語はここに書かれている日本語ほど上手く話せてません(笑)英語?何それ、おいしいの??(←


起床は朝6時。身支度を整えてまずは朝ごはん。
ホテルの食事をとる場所は、結構こじんまりとしていていましたが、きれいにされていて雰囲気よかったです。

ちょうどご一緒したご夫婦も朝食をとっていらっしゃったので、席にお邪魔。
2人はバスで空港から移動すると聞いていたのですが、

①バスの切符購入までに数十分(現金入れても戻ってくる、カード入れても戻ってくる…を繰り返して、やっと購入できたそう…)

②一番最初のバス停だったので何とか座れたけど、もうちょっと遅かったらor次のバス停だったら絶対座れなかった

…となんだかんだで、私が到着した時間よりもさらに1時間近く到着していたことが判明…。
安くはない送迎代だったけど、頼んでいてよかったと心の底から実感…。

ちょっと話をして、先にご夫婦は観光へ。私は一人朝食の続き。
とにかくパンが美味い…!!!今まで食べたパンの中でもかなりの美味しさでした…。さすがです。

朝食を終えて、部屋に戻ると7時ちょっとすぎだったんですが、フランスの朝はまだまだ暗い…!!
結局明るくなったのは8時近くになってからでした。日本の感覚に慣れていると、ひたすら変な感じ。

ホテルを出て、小道から大通りに出ると…奥には…!!オペラ座(the Palais Garnier)!!!
あぁ、私本当にフランスに来たんだ!!!と心の底から思った瞬間でした。
日本より少し寒い中、フランス観光スタートです!!!!!

オペラ座を背にし、まずは『ミュージアムパス』を購入するために、Pyramides駅の近くの観光案内所へ。
美術館をいくつか回りたかった&時間短縮のためにパスは購入しておきたかったので。
で、そこでのやりとり。

私 「Bonjour
案内所の方(以下、案) 「Bonjour
私 「ミュージアムパスを購入したいのですが…」(※英語ですが以下意訳)
案 「ごめんなさい、今ミュージアムパスは販売していないの」
私 「え?何でですか??」
案 「先週から色々な美術館でストライキが起きていて、購入しても使うことができないからよ」
私 「えっ…と…いつ終わるかは…」
案 「それは全然わからないんです」

…ってことで、購入できず。あちゃーーーーーーーー。数少ない予定を立てていたところだったのに、いきなり予定が狂いました(笑)
どこの美術館も大絶賛ストライキ期間だったので、行ってもミュージアムパス使えないんだったら、街歩きしよう!!と予定を変え、一日街歩きに徹することにしました。

さて、街歩きするとは決めたものの、どう歩こうか。
天気もどんどん良くなってきて、快晴!!真っ青な空!!!!!
よし!!ならば、この青空に映えるであろうエッフェル塔を目に焼き付けたい!!写真におさめたい!!という理由でエッフェル塔へ向かうことに!!!!!


大きな地図で見る

オペラ通りをまっすぐ南下し、リヴォリ通りを超えていくと…

Musee du Luvre!!!!!

ルーヴル美術館!!!!!!!!!!!!
ハァハァ!!!!美術品の美しさもさることながら、外観から美しいです…!!!
あぁ、素敵…!!!!絶対旅行中にきてやるからな!!!と心の中で捨て台詞をはき、ルーヴルを後にします。

セーヌ河に架かる橋の上にて。

どこを撮っても絵になる。

ちょうど行った時期が紅葉がはじまる時期だったので、木々も黄色く色づいてます。
バスは日本では珍しい2両連結型!!!!!運転難しそう…。

端を渡り右へ。ヴォルーテル通り→アナトール・フランス通りと過ぎていくと左手方向に…

印象派といえばココ!!!!!

オルセー美術館!!!!!
オルセーはストライキじゃなかったみたいでたくさん人が並んでました。
見たいと思っていた美術館の1つではありますが、有名どころが結構海外(日本含め)に貸出されていたのでちょっと魅力が薄れてたんですよね…。
次フランス行ったら絶対行く!!!!!(※フランスにまた行くことは決定済・笑、いつかはわからないけど…)

オルセー美術館を過ぎ、セーヌ河沿いをひたすら歩く。
景色がきれいだ~…!!!!

美しきセーヌ河。

コレ…橋の入口にあるモニュメント(?)なんだぜ…

PA160371.jpg

豪華すぎやしませんか??(笑)
コンコルド広場へと続くコンコルド橋の入口は大変なことになっています…。

横断歩道を渡ってこの豪華なやつを撮影していたら、見知らぬおばちゃんに『これ、あなたの?(仏語)』みたいなことを聞かれ、指輪を見せられました。どうやら私の近くに落ちてたみたい。シンプルな銀色のリングでした。
No~,No~言ってたら私のじゃないのはわかってくれたみたいだけど、『…じゃあ、これ、あなたがもらっちゃいなさいよ』的な仏語を言われ渡されそうになりました(笑
えぇええええええ!!!!(笑)何でそうなるんだ!!!!!(笑

すごい身振り手振りしながら『いいです!!私いらないです…!!』って断りましたよ。
でもおばちゃんなかなか諦めてくれなかったけど…(笑
その後、おばちゃんは『ふぅ~、そう、わかったわ…』みたいなことを言いながら指輪と共に去って行きました…。
あの指輪、どうなったんだろうなぁ…。

そんなおばちゃんとやりとりをした後にセーヌ河もう一枚。

やっぱりキレイです。

その後は街並みを楽しみながらひたすらセーヌ河沿いを歩く歩く歩く。

そうして…あぁ、見えてきた…!!!
エッフェル塔の下をくぐり、シャン・ド・マルス公園へと抜け一枚!!

言葉にならないぐらい素敵でした…!!

エッフェル塔ーーーーーーーー!!!!!!!!
ひゃーーーーーー!!美しすぎるよ!!!!!素敵すぎるよ!!!!!
確かこの頃、日本時間で18時~19時ぐらいだったので、家族と友人に思わず写メ(笑)
エッフェル塔だけで何枚写真撮るんだ!?ってぐらい写真撮ってました(笑

で、一人ぼーっと眺めたり、写真を撮っていたらいきなり背後から見知らぬ外国人に話しかけられる(笑

外国人(以下、外) 「ハイ!!」
私 「ハ、ハイ…」(←きっと怪訝な顔してたと思う…笑 ※以下、英語
外 「ねぇ、僕の(携帯で)写真撮ってくれない?僕も君のカメラで写真撮るから!」

何だ、写真か…!!モノでも奪われるのか、その辺にたくさんいる土産物売りの兄ちゃんにでもからまれたのかと思って警戒したんですが、写真撮影するだけってことでほっと一安心。

何でわかったのかわかりませんが、「君、日本人?」って聞かれた。何でだろう???
折角なんで、「どこから来たんですか?」って聞いたら「ヨルダンだよ」って教えてくれました。
その時は、ヨルダン=中東のあたり?=危ない場所!!?!?!?!?って思ってしまいましたが、気になって調べたら色々あるじゃないかヨルダン・・・!!!!!
「行ってみたい?」って聞かれて「え、あぁ…うーん…」みたいに口ごもっちゃったのは悪かったなぁ…。ヨルダン人のお兄さんは「ハハハッ」って笑ってくれたけど。

エッフェル塔の写真たくさん撮りましたが、厳選して何枚か!!

つまんでみた。

キャッチ!!

なかなか上手につまめました(笑)

こちらは、バスが来るのを狙って撮った1枚。

絵になる…よね?

自分でもお気に入りですが、友人達からもなかなか評判のいい1枚です(^^

これは特に気にして撮ったわけではないんですが、予想外に反応が返ってくる1枚。

下から!!

エッフェル塔を真下から撮るとこんな感じ。
確かに、真下からの写真ってあんまりみませんよね。

エッフェル塔はよく写真で見ますけど、実際見て私はすごく感動しました…!!
本当きれいだった…!!今度行ったら是非登って、パリ市内の景色を一望したいな…!!!!!

…と、こんな感じで2日目旅行記①終了です!!
ここまで読んで頂き、ありがとうございましたーーーーー!!!!

拍手[0回]

PR
【2010/12/31 】
CATEGORY [ 旅行 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<あけおめ!! | HOME | フランス旅行 ~一日目:ほぼ移動で終了(笑)~>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]