忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/08/25 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
…ということで、地震時~1週間ぐらいまでをダエイジェストでお送りします(←
こういうところに書いておかないと忘れそうだし(ぇ

結構な量になるので、続きにしまっておきます~。
ご興味ある方はドウゾ☆ 
 ◆3月11日◆
【震災当日~死ぬかと思った!!~】

この日は仕事で、勤務先にて被災しました。
(仕事が販売なので)平日にしては忙しく、若干『あー、もっと暇なときに(お客さん)来い…!!』とイラッとしつつ(←最低)営業スマイルでのりきっておりました(笑
なかなかお客さんが切れず、お腹もすき、早く昼に入りたくてさらにイラッ☆(←

そうこうしているうちに、グラッと揺れがきました。

ちょうど数日前にも大き目の地震が来ていたので、まぁ、今回もその程度だろう…と他の店員たちがお客さんを誘導している中、のんきな私含め某所担当スタッフ達は大き目の通路に集まり始めた時に地鳴りとともに揺れが大きくドカーンとやってまいりました。
揺れが大きすぎて立ってられず、膝をついて座っていても揺れが強すぎて吹っ飛ばされそうになるほど大きな揺れでした。私はとりあえず近場にあった什器にしがみつき、仲間内のスタッフもその場にまとまって手をつないでしゃがみこんでました。

その後も揺れは収まるどころか激しさを一段と増し、店舗の什器がじょじょに倒れ始め、商品は散乱し。ついに店舗出入り口の天井がはがれおち始め、天井板やほこりや天井が砕けた部分が粉となって降り注ぎ、むき出しになってきた骨組みも揺れに耐えきれずじょじょに折れ始め…。
『あぁ…!死ぬ!!!!!』と本気で思いました…。わー、まだいろんなとこ旅行に行きたかったのに!!うわー、まじかー!!!…みたいな。意外と冷静です。

冷静にそんなこと思いつつ、やっぱり死にたくないので(笑)途中からはとまれ!!と念を送ってました(笑)ま、すぐにおさまることもなく、結局3分ぐらい揺れてたんでしたっけ??やっと揺れが収まったところで、お客さんを誘導することも忘れ(おま)仲間内スタッフと一緒にものすごい勢いで飛び出しました(笑

天井板が落ちてきたりしたのですが、幸い怪我をしたお客さんもスタッフもおらず、とりあえず駐車場へ避難。
そして、こういう時に限って雪…!!携帯もサイフも家のカギも車のカギもコートもマフラーも全部店内。余震も強いのが続いていたので、私含め女性3人荷物はとりあえず店内に残したまま、別スタッフの車へ皆で避難&待機しました。

被害状況を知ろうと、その車の中でテレビ見たり、家族と連絡をとったり…。
その時、津波警報が出ていたのは知っていましたが、まさかあんな大惨事になるとはこの時露知らず…。
内陸部に住んでいるので、そこまで危機感が無かったからかもしれませんが。

2時間ぐらい待機させられ(何であんなに待たされたのかはナゾ…)、帰宅する直前になって、スタッフの一人が私の荷物を救出してきてくれました…!!コートとカギとマフラーはなかったけど…(※後日回収してもらいました)
ただ、私の荷物を置いていたところの写真を見せてもらいましたが、まぁ…なんというかヒドイ状況で…。四方を壁に囲まれているから、地震きたらココは安全だねー、なんて話を数日前したばっかりだったのですが、壁は一面が崩れ落ち、色々と物が置いてあったせいで(しかも高いところにも置いてある)それもほとんどが落ちている状況…。逃げ込まなくてよかった…!!!!!
そして、そんなトコからよく荷物をもってこれたな、と。本当感謝…!!!!!

車のカギはこの日は中に閉じ込められた荷物とともにあったので、同じ方面に住んでいる方に乗せていってもらい帰宅しました。

かなり強い揺れだったので(※宮城県北部在住なので…)ちょっと古い我が家は一階部分とかなくなってるんだろうな~等と地震直後は思っていたんですが、意外と古い家も潰れているところは無く、電柱が曲がっていたり&倒れていたりぐらい。あぁ、でも道路は地割れしたり、陥没したり、橋が2~3つ落ちたり&ヒビが入ったりで通行不可になっているところがあったりで、地盤へのダメージは結構ひどかったみたいです。

地震発生後から3時間程してやっと自宅へ。
もう家族全員家にいて、てきぱき片付けやってました(笑)たくましいな、おい…。
自宅は一階部分が消えていることもなく、壁が崩落したり、ガラスが割れたりすることなく大丈夫でした(^^
ただ、物はめっちゃ散乱してましたが…。ただ、その中でも食器棚も倒れず、テレビ等も倒れていなかったので、揺れの割に地震被害はほとんど無かったです。私のパソコンも無事だったし!!!(←大事

ただし、案の定、電気&水ともに使えず。ガスはプロパンなのでものはあるのに、地震のせいでガス計にエラーが出て使えず…。幸い、自宅に石油ストーブ&灯油のストックと、カセットコンロ&ガスボンベ(×3本)、ろうそくやら懐中電灯はあったので、寒さや料理、暗いですがなんとか明かりも確保できました。

余震がかなり強かったので、とりあえず一日目の夜は全員車中泊。
こういう時、田舎に住んでてよかったと思うのは、人数分車があるので1つの車に狭い思いして寝たりしなくて済むってことですね…。車で寝つつも、余震が何度もきて怖かったですね…。ま、これも翌日ぐらいにはなれてしまったんですが…(笑


◆3月12日◆
【被災一日目~ちょ、電波www~】

この日は比較的暖かく、家族全員で居間や外にある物置を整理することに。
そして、昨日は電波の入った我が家が早朝から圏外状態に…。連絡とれんだろうがぁあああああ!!!!!
地震当日の朝に充電していったiPadがあったので、これで情報仕入れられる!!と思ってたのに、大元の電波が飛んでないんじゃこんなのただの画面のでかいおもちゃだろうが!!!と。

そんな作業をしていると、昼ごろに来た新聞を見て同じ県内の沿岸部の状況を見て驚きました…。

ラジオでは色々言っていたので、とんでもない被害だということはわかっていたんですが、やっぱり目でその絵を見るとね…こう…衝撃が大きいわけですよ…。
行ったことがあるところも多く、その過去行った場所が津波に襲われて見る影もなくなっているのを見ると、やはり辛いものがあります。特に、今回も被害が大きく取り上げられているところの中に『石巻市』というところがあるんですが、そこの市にある半島(牡鹿半島というんですが)から、去年の誕生日、生年月日が同じ親友と『パワースポット行ってパワーもらいたいwww』という安直な理由から牡鹿半島へ行き、そこからフェリーに乗って金華山というところへ行ってきたばかりだったので、変わり果てた状況を写真で見て衝撃を受けたわけです・・。

こんな言い方をしては不適切かもしれませんが、幸いにして私の家族や友人、親戚には沿岸部に住んでいる人はいなかったので連絡が取れない、行方不明だ、家が浸水した…等の被害を受けた方はおりませんでした。
ただ、本当、沿岸部に自分が住んでいたら、家族が勤めに行っていたら、友人が住んでいたら…と思うと、また今回被害に遭われた多数の方を思おうと手放しで喜ぶこともできず…何とも複雑な心境…。

この日も結局電気&ガス&水道復旧せず。おまけに、うちの自治体の水道局?に被害があったらしく、復旧に時間がかかります的なお知らせ…おいおい…勘弁してくださいよ…。そのせいか、この日給水できたのは、一世帯たったの5リットル…。幸い、飲料水は買い置きしてあったものがあったのでよかったのですが、5リットルじゃ洗い物もできやしないよ…。

そしてこの日も車中泊。店から車を回収してきたので、布団がっつり敷き詰めて、フルフラットにならないのにフルフラットばりに足を伸ばせる快適空間を作り就寝。
普段朝遅い&夜遅い生活していたのですが、この時ばかりは朝6時前起床&夜9時前には就寝…という、何とも健康的な生活を送ることに(笑)


◆3月13日◆
【被災二日目~弟が大活躍しすぎて笑った~】

この日は、弟が彼女と連絡取れないからちょっと様子みてくる…と、行って午前10時頃チャリで出て行き、父親は家の片づけ、私と母親で近く(って言っても3kmぐらい離れてる)のスーパーに買い出しへ。
スーパーは、人人人!!で、結局一人5品ぐらいしか買えないのに2時間ぐらいかかりました…。で、そこから歩いて帰るはずだったんですが、後ろに並んでいた優しいマダムがうちと方面一緒ということで、途中まで乗せて頂きました…!!ありがとう…!!!!!

帰宅し、父親は用事があったので出かけ、私と母で昼食。弟が帰ってくるもんだと思っていたので、昼食を残していたのですが、結局帰ってきたのは15時。
自宅~彼女の家まで片道約20km(←この時点でもうすごいんですがwww)なので、こんなに時間かかるハズは無いんですね。しかも寄り道してくるような店も無いし。何してたのか聞いて、私も母もびっくり。

『え、彼女の家行ったあと、お母さんの実家とお姉さん家行ってきた』

地震当日連絡が取れず、翌日からずっと携帯が圏外状態だったので、母親の実家&お姉さん家(2軒は100メートルちょっとしか離れてない)に安否確認しに行ったそうなんですが…、どう考えてもその彼女の家から母親の実家までは20km以上あり、更にその実家から我が家までは30km弱あるんですが…
いくらちゃんとしたチャリ(ママチャリじゃなくて、自転車競技とかに使うようなアレ)って言ったって、よくそんなに走ったな!!と。おまけに、どこからともなく食料まで調達してきやがりましたwww何、オマエ、カッケェwww 普段アゴえ使ってすみませんでした…と心の底から反省する姉が一人…(←

そして、弟の活躍ここで終わらず。

『知り合いの(高校の)先生の家でもう水出てるから、俺もらってくるわ!』
※この先生が住んでいるのは隣の自治体

と、言い残し、またチャリで疾走www
1時間ちょっとたったところで、その先生から水のタンクいっぱいに水貰って帰ってきました。
うちの家族内で、弟がHEROだともてはやされたのは言うまでもありませんwww

…ま、この時ぐらいだったけどねwww(←


◆3月14日◆
【被災3日目~寒かった~】

…えーっと…この日の記憶があんまりありませんwww
確か寒かった…!!!この日も元気に車中泊!!!! 以上!!!!!(ぇ



◆3月15日◆
【被災4日目~超寒かった、けど…~】

この日は、父と弟は出勤命令が下り出勤。私と母は家で留守番でしたが、この日はものすっごく寒かった…。
雪降るわ、最高気温が0℃だわ…。灯油も売ってないので、ストーブつけたくてもつけられず、電気も復旧してないのでエアコンも電気カーペットも使えず。
とりあえず、母と二人で朝食食べ~の→居間に敷いてた布団こもり~の→昼食食べ~の→居間に敷いてた布団こもり~の…と、絵に書いたようなぐ~たら生活(笑

そんなぐ~たらダメ人間生活を送っていると、地区会長がやってきて『今日の3時から水でるよ!!』の嬉しい知らせ!!やった!!水!!!
…が、15時過ぎても水でずwww
結局水が出たのは17時過ぎでしたwww

ただ、コレ、後日わかったことだったんですが、水が使えるようになっていたのは、うちの周辺2~300メートルの地域だっただけで、同じ地区でもちょっと離れると水復旧するまでに更に数日かかってたそうです。
おそらく、うちの場所が外れの方にあって、隣の自治体で水が普通に使えるようになっていたからそこから供給してるみたいです。子供のころは、外れにあるせいで小学校&中学校がめっちゃ遠くてイラッとしたけど、ここに住んでてよかった!!!!!(←


◆3月16&17日◆
【被災5・6日目~…何してたっけ…~】

お ぼ え て ま せ ん … (←
とりあえず、車中泊は15日で終え、16日から家の中で寝始めました…ぐらい…。



◆3月18日◆
【被災7日目~うわああああああああああああああ!!!!!~】

電気キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!
もう連日寒すぎて、ストーブだけじゃ寒かったんだ…!!やっと電気カーペット使える!!明かりがつく!!!テレビ見れるぞーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!(←ここ重要
とりあえず、電気ついた時は家族で拍手したwwwwwwwwwwww



…と、まぁ、日によって記憶がまちまち過ぎますが(笑)こんな感じです。
家族は私以外もう仕事に行ってます。私は仕事復帰の見込みがまだたってませんwwwww
だって、勤務先が営業できないんだものwwwww 今月いっぱいプレミアムニート満喫しまっす!!(←

拍手[0回]

PR
【2011/03/22 】
CATEGORY [ 雑記 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<そうだ…デッサンをしよう…!!① | HOME | 私信!>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]