忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/08/25 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
昨日(29日)は、仕事終わって家でぐーたらする予定だったのですが、おとんが隣町で車で居酒屋まで行って
呑んでたせいで、私と弟2人で迎えに行ってきました。

雨がザーザー降る中!!!しかも、日付が変わる頃。

昨日も今日も仕事だったので、夜中に迎えに行くとか本当面倒くさい(キッパリ

さっさと終わらせて早く家帰ろうと思ったのですが、その居酒屋が…というか、その隣町にほとんど
行ったことが無い私は場所言われても全然わからなかったんですよー。そして、弟もなんとなくはわかるけど
夜だし、あんまり自信ない~…って言ってたので、弟の車ならナビついてるからそれで行こう!
って話になったんですが、父の乗っていった車がマニュアル。
マニュアルで免許取ったくせに、家族で唯一マニュアルが運転できない私と弟が迎えに行くと、必然的に
弟が父が乗って行った車を運転することになるんですが、弟は自分の車を私に運転されるのが嫌だ!!(笑
ということで、ナビついてない別なオートマ車でいくことに。
…弟の車運転はできるけど、高い車だからあんまり運転したくなかったんでちょうどよかったです(←

ヒントは隣町の高校の目の前!!

で、いざ迎えに行ったわけですが…

姉は、 弟 の 直 感 と 方 向 感 覚 を 疑 っ た よ …

以下、なぜ疑ったか一覧(ぇ

その1
分岐点A。交差点をまっすぐいくか、左折するか。
『この道をまっすぐ行って、途中で変則的な交差点があって、そこ左折!』と言いつつ
弟はまっすぐを選択。薄暗い道になる。幽霊とかでそうな道(笑
私イラッとする。『…ねぇ、こんな人気ない方まで来るの?』
弟は『大丈夫!』と言っていたが、トンネル出現。
『…トンネルは…こえねぇ!!!(笑』と言い出して間違ったことに気づく、で戻る。

その2
分岐点Aまで戻ってくる。
そこで、『がんばれ!○○高校』みたいな旗がかかってるのを私見つける。
弟にそれを言うも、違うと一蹴され、『あぁ、ここ左折だったんだ!』と言いつつ、弟左折。
分岐点Bにて変則的な交差点を発見し、左折→商店街(?)っぽいところを通り、
どんどん進んでいくと人気どころか、建物自体なくなってくる。
ここで、私イライラしだす。『…あのさ、道わかんないんだったらお父さんに電話して聞くから。
どう見たってこの辺に居酒屋なんてなさそうじゃん。』
そして弟、『あそこ(分岐点C)まっすぐだったのかなー。』といいつつ、戻る。

その3
分岐点Cまで戻る。さっき左折したところを今度は右折。
その先には、隣町の駅がある方向。ただ、私の記憶だとその高校は駅から遠かったハズ!!
行ったことはないけど、友達が歩くの面倒だ!って文句言ってたハズ!!!
ここで、私ついにキレる。『…だーかーらぁぁぁ!!!アンタ道わかんないんでしょ!?わかんないんだったら
おとんに聞くって言ってんじゃん!!!』
…もう、眠気がピークだったんだ…。早く家に帰りたかったんだ…。だって、この時点で深夜12時30分だった
んですものぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!

そして、私がキレた直後に父から電話。
父 『なんだー?まだつかねーのかー?』
私 『(弟の名前)が、 道 全 然 わ か っ て な い ん だ も ん ! ! ! 』
父 『○○高校の目の前だぞー。△△って飲み屋だぞー。』

ここで気づきました。
私が何気なーく窓の外みて分岐点A近くに、同じ名前の店があったことを!!!!!!!!!!(遅

まぁ、ここで弟に対して盛大にキレますよね(←

そこから先の主導権は姉に移ったわけです。『さっきの交差点まで戻れ!』とか。

スムーズにいけば30分やそこらで戻ってこれたのに、戻ってきたのは1時近く…。
おかげで昨日の夜は満足に何もできんかったです…。

もう、弟の方向感覚はアテにしない。
よく考えれば、ヤツは地図もロクに使いこなせないやつだった…。

約50kmの道のりを、カンと道路標識だけでたどり着いた姉を見習ってほしいもんです。

拍手[0回]

PR
【2008/08/31 】
CATEGORY [ 雑記 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<いやっふー!!! | HOME | おえかきかき。>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]